トラブル事例の対処法はマニュアル!?注文住宅のよくある疑問解決をご紹介

このサイトでは注文住宅を建てるにあたってのトラブルについて、事例を見ながら対処法を紹介します。
家造りは時として予想もしないハプニングが起こることもあります。
しかし解決方法のマニュアルを知っておけば、いざというときも安心です。
また家造りにおける疑問も解決していきましょう。
大切なことは、施工業者任せにしないことです。
二人三脚で依頼主も積極的に参加することで、イメージ通りの理想的な家が実現します。
住まいは住んでみて、初めて分かることも多いです。
あらかじめどういった問題が後から出てくるのかを知っておけば、トラブルを予防できます。

トラブル事例の対処法はマニュアル!?注文住宅のよくある疑問解決をご紹介

注文住宅でよく見られる揉め事のひとつに、工事の追加料金がどんどんかかってしまう事例があります。
工事はすべてスムーズにいくとは限りません。
配管の問題や建材のサイズなど、作業段階で何らかの支障が出てくることも見られます。
追加工事が必要になるケースは少なくないでしょう。
お金の面でのトラブルを防ぐには、事前に追加工事が必要になる可能性やその際の料金についてしっかりと確認しておく必要があります。
見積もりの際には、内訳やオプション料金、追加費用詳細も明記してもらいましょう。
注文住宅の金銭面でのトラブル対処法として、見積もり段階でどれだけ細かく話を詰めておくかがポイントです。

工期は着工から引き渡しまでの期間で注文住宅の契約書に着工日と引き渡し日が記載

注文住宅では各自で建物の設計などを考えることができますから、オリジナリティがある自宅で生活をすることが可能です。
最初に打ち合わせなどをすることになりますし、見積もりが出されて納得した段階で契約を締結することになります。
契約を締結することになった場合は、契約書をもらうことになりますから、そのときの内容をしっかりとチェックしておかないといけないです。
基本的に工期は着工から引き渡しまでになりますから、契約書にも着工日と引き渡し日が記載されていると考えられるので、その期日が守られているのかを確認するときに利用することができます。
ただ必ず決められている日時までに作業が進むのかには多少の誤差がありますから、数日程度の誤差であれば妥協をするのが一般的です。
どのような理由で遅れているのかを正確に教えてくれるような場所でないと、安心して注文住宅を購入することができないと考えられますから、その点には注意したほうがいいかもしれません。

注文住宅の作業が進んでいないと感じたときは進行具合を担当者に確認

注文住宅の契約が終わると、本格的な打ち合わせが始まります。
その内容に応じて作業は進んでいくのが一般的です。
しかし、予定どおりに進んでおらず、工期が長引きそうだと感じることもあるでしょう。
その場合は進行具合を担当者に確認すると解決するかもしれません。
企業側の都合で進んでいないなら事情を説明してもらえます。
それに不満があるなら、意見を述べて改善するように主張してください。
ただし、どうしようもない事情で遅れるケースもあります。
流通の乱れで資材の搬入が遅れているなど、改善の余地がないことも珍しくありません。
いずれにせよ、質問することでいくつかの情報は得られるため、何もしないでいるよりは建設的です。
情報を仕入れてから方針を再検討すると良いでしょう。
注文住宅は自由度の高い建築物だけに、そういった予想外の出来事が起こる余地も大きいです。
したがって、それを踏まえたうえで工期を見積もることもポイントの一つです。

注文住宅で図面や打ち合わせと仕上がりが異なる部分があるとき

注文住宅が竣工を迎えると、いくつかの検査や内覧会が実施されることになり、これらが引き渡し前の確認作業に該当します。
そして、注文住宅の内覧会では、完成した住宅が図面や打ち合わせと異なるという事態が発生するケースが、実際のところ少なくありません。
仕上がりに納得できないときの対応策の基本は、簡単に泣き寝入りしないことです。
つまり、現場での確認サインは行わず、現状のままでは引き渡しを拒否する姿勢を見せるのが基本になります。
期待していた仕上がりに関する情報が図面や仕様書にしっかりと書かれているならば、完全にハウスメーカーや工務店のミスということになりますから、その部分の工事を業者側の負担でやり直してもらうことができます。
一方、書面に打ち合わせでの結果が反映されていない場合は、ハウスメーカーや工務店側の態度で対応が異なります。
業者側が事実を認めれば、無償での修正工事が行われることになりますが、認めない場合には面倒なことになる可能性もあります。
だからこそ、打ち合わせで決めた内容はしっかりと書面に反映してもらうことが重要です。
いずれにしても、完成した注文住宅に違和感があるならば、主張すべきことは主張しなければなりません。

注文住宅で打ち合わせをして決めた内容は記録を残すことが大切

注文住宅を建設する場合、まずは依頼先としてハウスメーカーや設計事務所などから選ぶ必要があります。
家族の理想や希望を盛り込みながら、オリジナル溢れる設計にする事ができるのが魅力です。
実際に建設を進める上で担当者の方と細かい内容を決めていく事になりますが、打ち合わせなども含めて多くの話し合いをする事になります。
注文住宅の場合は全て自由に設計できるからこそ、部屋の数や間取りや設備だけでなく素材選びなど様々な箇所を決定していく事が必要です。
話し合いの中では実際に希望にそった設計が可能かどうかという点だけでなく、内容も確認しながら話を進めていきます。
全て覚えておくのは難しいので、メモをとりしっかり記録しておく事が大切です。
相談した内容かどうか確認したかどうかなど、話しあった内容を全て覚えておく事は不可能です。
細かい内容まで丁寧に記録しておくことで、担当者の方との話し合った内容を残す事ができ、確認したり認識のずれなどを無くす事ができます。

注文住宅の着工後に近隣トラブルが起きないためにも挨拶をしっかり済ませておこう

建売住宅の場合分譲された土地に建てられることが多く、近隣も同時に建つのでほぼ同時入居のような形になりトラブルが起こることはほぼありません。
ですが注文住宅はもともと所有していた土地、もしくは新たに購入した土地に建てることが多く、近隣の様子を見るとすでに生活を営んでいることが多いです。
そのため注文住宅の着工時にはあらかじめ近隣への挨拶を行っておくと良いでしょう。
着工が始まると大きな重機が道路を使用しますし、大きな音もします。
現在工事をしても良い時間は定められていますが、音については気になる人は気になってしまい、不快と感じることも多いのでトラブルになることもあります。
また道路に関しても生活道路がふさがれることでストレスに感じる人もいます。
今後その土地に住むことを考えると、長い付き合いとなるので、事前にどのくらいの工事期間なのかを説明しながら挨拶をしておくようにします。
できるだけ早めの方がよく、地鎮祭が終わった後に回ることを意識するようにします。

注文住宅の行き過ぎた値引き交渉は質の悪い家になることも

"住宅の新築をするときには、注文住宅なら自分の希望するような家を建てることができます。
工務店など地域に密着したあまり有名でないところに頼む場合、大手のハウスメーカーに比べると価格は抑えることができるケースも多いです。
リーズナブルな価格で理想を実現しやすい注文住宅ですが、行き過ぎた値引き交渉は質の悪い家になることもあるので注意が必要です。
例えば、耐久性に関わる外壁や屋根やそのほかの部分の価格を削ると、経年劣化で修繕費が早めに必要になることがあったり何かと費用対効果が悪くなることがあります。
建築費を安くしようとするあまり、値引き交渉を強めにし過ぎると必要な部分を削らざるを得なくなることがあるので注意しましょう。
値引きをするよりは、一つ一つの見積もりをチェックして必要なものとそうでないものを精査するのがポイントです。
細かい端数は値引きしてくれるケースが多いですし、あまり行き過ぎないようにするのがおすすめです。

注文住宅で追加工事を提案されたときは見積りで費用の確認をしておこう

自宅は一生に一度の買い物と言われるくらい、高額な出費を伴う買い物です。
だからこそ細部にまでこだわって、納得のいく住宅を手に入れたいと考えている人もたくさんいるかもしれません。
デザインの細かいところにまでこだわりたいのであれば、注文住宅がおすすめです。
外装や内装などについてさまざまな希望を聞いてもらえるので、自分の理想とする自宅を建築することができる可能性が高くなるでしょう。
注文住宅の建築を行う時、最初に大まかな見積もりを提示してもらえます。
細部にまでこだわればこだわるほど金額が高くなりやすいので、予算とのバランスを考えて契約するのが良いかもしれません。
建築途中に追加工事の提案をされることもあります。
その時は工事内容だけでなく、費用の確認も行っておくのが大切です。
見積もりを作成してもらってから追加工事を開始するかどうか検討しておいた方が、後々金額が高くて慌ててしまうような心配も必要ありません。

注文住宅の総費用には現金払いが必要な諸費用があることを把握

自宅を購入する方法として分譲住宅ではなく、自分達で自由に設計を考える事ができる方法として注文住宅があります。
自由設計が出来るのが魅力であり、家族の夢や理想を詰め込んだ家にする事が可能です。
実際に予算などを決めたうえで家を建てる建設する事になりますが、支払いに関するポイントの1つに現金払いが必要となる諸費用があるという点になります。
注文住宅の場合は支払う金額が高額になるため多くの人がローンを利用しますが、支払いを全てローンにできるわけではなく契約の際に手付金の支払いが必要です。
建設にかかる金額が3,000万の場合、一般的には1割程度の300万を現金で支払う事になります。
もちろん払う金額自体は相談して決める事が多いですが、手付金が0円という事はないと考えておく事が大切です。
建設費用だけでなく土地購入がある場合であれば、土地購入時にも手付金の支払いが発生します。
全てローンで払う事になるわけではないので、ある程度現金払いがある事も把握しておく事が大切です。

注文住宅のトラブルを回避するためにも担当者とのコミュニケーションを密に

注文住宅で家を建てる際には、まずは自分だけでなく家族の意向を踏まえながら自由に設計を考える事になります。
もちろん全ての希望を実現する事は難しいですが、優先順位を決めてより理想的な家を設計する事に繋がります。
実際に注文住宅は業者に建設を依頼する事になりますが、重要なのが担当者の方とのコミュニケーションです。
何度も打ち合わせを行い、デザインや素材など細かい点も踏まえて様々な内容を決めていく事になります。
建設に必要な設計だけでなく、返済スケジュールなど多くの内容を話し合う事が必要です。
その際に密にコミュニケーションをとる事が重要であり、連絡ミスや勘違いなどによるトラブル自体を未然に防ぐ事が可能です。
話し合いの内容なども記録に残しておく事で、お互いに情報を確認し話し合いを正確に進める事が出来ます。
コミュニケーションをとる事でお互いの意見を交えながら、信頼関係を築く事ができ最後まで安心して建設を任せる事に繋がります。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅のトラブル

このサイトでは注文住宅を建てるにあたってのトラブルについて、事例を見ながら対処法を紹介します。家造りは時として予想もしないハプニングが起こることもあります。しかし解決方法のマニュアルを知っておけば、いざというときも安心です。また家造りにおける疑問も解決していきましょう。大切なことは、施工業者任せにしないことです。二人三脚で依頼主も積極的に参加することで、イメージ通りの理想的な家が実現します。住まいは住んでみて、初めて分かることも多いです。あらかじめどういった問題が後から出てくるのかを知っておけば、トラブルを予防できます。

Search